怪獣8号の主人公が気持ち悪い?日比野カフカの変身回は何巻何話?

『怪獣8号』の主人公は日比野カフカという成人男性です。

カフカは偶然、超小型怪獣と出会い、寄生されたことによって怪獣8号へと変身できるようになってしまいました。

そんなカフカは、困っている人を見かけたら放っておけないお人好しで、善良な人物なのですが、「気持ち悪い」だったり「嫌い」といった声も少なくありません。

なぜ善良な人物にも関わらず酷評があるのでしょうか。

今回は、『怪獣8号』の主人公・日比野カフカの気持ち悪いところや嫌われている理由について解説していきます。

シマリス社長
カフカはなんで嫌われているのかな?

怪獣8号の主人公・日比野カフカの気持ち悪いところ


まずは、日比野カフカの気持ち悪いところについて見ていきましょう。

30歳を超えているのにも関わらず幼馴染の女性に執着している

日比野カフカは32歳という年齢なのですが、幼馴染の女性に執着している様子が見受けられます。

その様子が「30歳を超えたおっさんなのに気持ち悪い」といった印象を与えてしまっているのでしょう。

優秀な幼なじみに憧れいつまでも執着する姿が気持ち悪いという意見は多くありました。

 

この幼馴染は「亜白ミナ」といい、防衛隊の師団長候補になるほど優秀な人材です。

カフカは、夢を叶えたミナのことを尊敬しつつも夢を諦めた自分と比べてしまっています。

カフカはミナより5歳年上で、先に防衛隊に入ってミナを待つ予定でしたが落ち続けてしまいました。

 

一方で、ミナはあっさり合格。

しかもミナは第3部隊の隊長で「防衛隊最強の大型怪獣キラー」と呼ばれるほどの活躍をしています。

幼いとき、2人は怪獣に町や大切なものを全て奪われ「二人で怪獣を全滅させよう」と夢を誓い合っていました。

この誓いがあったからこそ、いつまでも比べてしまっているのかもしれません。

 

このウジウジした姿が「いつまでも執着していて気持ち悪い」と思われてしまっているのです。

また、防衛隊に再チャレンジする際には、「ミナの隣で戦いたい」と言っていることから、恋心を抱いているともとれます。

ただ、カフカは32歳、ミナは27歳というアラサーのいい大人同士だと考えると、さすがに一人の人間に執着しすぎだろ!ってツッコみたくなりますよね(笑)。

四ノ宮キコルとの関係が気持ち悪い

『怪獣8号』には四ノ宮キコルという16歳の女性キャラがいるのですが、カフカに対して好意を抱いています。

32歳のおっさんに対して本気の恋を抱いてしまう10代の女の子という構図が気持ち悪いですよね。

もしこれが逆なら犯罪にだってなりかねません。

男の気持ち悪い妄想が漫画で描写されているように思えても仕方ないですよね。

30歳を過ぎたおっさんのカフカに10代のキコルが好意を抱くのは不自然すぎます。

キコルは相当な枯れ専なのかもしれません(笑)。

 

でも、最初からキコルはカフカのことが好きだったわけじゃありません。

四ノ宮キコルは防衛隊長官を父、かつて第2部隊隊長だった母の元に生まれたサラブレッドということもあり、カフカのことをバカにしていました。

その後、カフカの人柄に触れ、怪獣8号の正体がカフカだと知り2人の間には信頼関係が築かれていきます。

でも32歳のおっさんと16歳の女の子の恋模様はさすがに気持ち悪いと感じざるを得ません。

性格が女々しいから気持ち悪い

日比野カフカは防衛隊試験に落ち続け、気づけば32歳になっていました。

32歳は防衛隊試験の年齢制限にひっかかる年齢ということもあり、カフカは防衛隊になることはできなかったのです。

男らしく、きっぱり諦めて他の道を歩んでいればかっこいいのですが、市川レノや亜白ミナが防衛隊で活躍している姿を見て、未練タラタラでした。

一度は諦めたつもりだったカフカですが、防衛隊への想いが強くて踏ん切りがつかない気持ちは分かります。

でも、新しい道へ進む覚悟を持って行動したほうがかっこいいとは思うのですが。

ただ、カフカには嬉しいことに年齢制限が33歳に引き上げられたことをきっかけに、再び挑戦する意欲を取り戻しています。

ある意味、女々しさの性格のおかげで防衛隊になるといった夢を最後まで追えるようになったともいえますね。

シマリス社長
カフカの気持ち悪い点はけっこうあるんだね!

主人公の日比野カフカが嫌われている理由とは?

続いて日比野カフカが嫌われている理由について解説していきます。

主人公なのに32歳のおっさんだから

『怪獣8号』はジャンプでの連載漫画なのですが、主人公が32歳という設定は物珍しいものがあります。

ジャンプのバトル系漫画の主人公といえば、10代の少年がほとんどです。

爽やかさや情熱といった言葉が似合うキャラクターが多い中、夢を途中で諦め、哀愁漂うおっさんが主人公というのが馴染めない人が多いのではないでしょうか。

今までの判例的におっさんが主人公という点に違和感を抱き、おっさんが気持ち悪くて嫌いと感じている人も少なくありません。

要するに「冴えないおっさんが頑張る姿が気持ち悪くて嫌い」という事なのだと思います。

私はおっさんになっても夢のために頑張る人間はかっこいいと感じますけどね!

周囲の若者にチヤホヤされすぎ

日比野カフカはアラサーのおっさんなのですが、周りの若者にチヤホヤされすぎな描写が多いです。

実際、30歳を超えたおっさんが10代や20代の若者にチヤホヤされるという場面はほとんどないですよね。

成功を収めたおっさんだったらチヤホヤされるのも分かりますが、カフカはどちらかというと負け組の部類のアラサーです。

そんな冴えないおっさんのカフカがチヤホヤされるのは違和感ありまくりですよね!

ただ、カフカがチヤホヤされる所以を挙げるとするなら、やはり人徳です。

カフカは、困っている人を見かけたら放っておけないお人好しで、善良な人物なので、関わったことのある人間だったら、カフカのことを好きになるのかもしれません。

幼馴染なのに5歳も差があるのに違和感がある

日比野カフカの幼馴染の女性である亜白ミナはカフカの5歳年下です。

幼馴染ってそんなに年齢が離れているものか?とツッコみたくなるくらいの年齢差ですよね。

普通なら同い年か離れていても2~3歳くらいじゃないかと思います。

ミナが30歳とかだったら違和感はなかったかもしれませんが、30歳だとヒロインとするのはちょっと微妙な感じもしますね。

漫画のキャラ設定って難しいですね!

カフカの見た目が受け付けない

カフカはおっさんかつ三枚目といった設定なので、見た目があまりよくありません。

ブサイクというわけではないのですが、髭が生えているなどおっさん面です。

どうしても日本人だと、髭が生えていると、清潔感がないと思われやすいので、カフカも不潔そうに見えてしまいます。

もし髭を全部剃って、清潔感を保てばカフカの人気も上がりそうですね。

シマリス社長
カフカはいい奴なんだけどな~

日比野カフカの変身回は何巻何話?

日比野カフカが怪獣8号に変身したのは1巻1話でのことでした。

怪獣に襲われて負傷したカフカが入院していた時、超小型怪獣がカフカのことを見つけて、カフカの口の中に入っていきます。

いわゆる寄生されたのです。

 

この時、超小型怪獣は「ミツケタ」と言っていたので、カフカのことを探していたようにも思えます。

”カフカ”を探していたのか、もしくは”寄生できる人間”を探していたのかは明らかにはなっていません。

もし、カフカを探していたのだとしたら、カフカは特別な能力を持っていたことも考えられますね。

変身シーンを見たい方はぜひ漫画で読んでみてください。試し読みだけでも面白いですよ。

\ebookjapanなら70%OFFで読める!/

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

シマリス社長
カフカにとっては突然変身できるようになって驚きだよね!

まとめ:怪獣8号の主人公カフカが気持ち悪い理由について

  • カフカが気持ち悪いのは30過ぎたおっさんなのに幼馴染に執着しているから
  • カフカは見た目や周りの女性キャラとの関係性のせいで嫌われている
  • カフカが怪獣8号に変身する回は1巻1話

以上、『怪獣8号』の主人公・日比野カフカが気持ち悪いと言われている理由などについて掘り下げてきました。

私はカフカのようなおっさんが主人公の漫画は結構好きです!

シマリス社長
おっさんにはおっさんの良さがある!

【お得すぎ!】怪獣8号の漫画全巻を最安値で読める!

『怪獣8号』の漫画全巻を一気読みしたい!という人に良いニュースがあります。

とある方法を使えば全巻まとめて3000円OFFで読めてしまう方法があります。

以下の記事でまとめていますので、『怪獣8号』の漫画全巻を今すぐに読みたいという方はすぐにチェックしてみてください^^

▷怪獣8号の漫画全巻を最も安く読む・安く買う方法!各電子書籍サービスを徹底比較

関連記事

『怪獣8号』の漫画全巻を最も安く読めるのはAmebaマンガ 実質無料で読める最大冊数は6冊 長期で利用する予定のある方はebookjapanがオススメ 「怪獣8号の漫画全巻を安くイッキ読みしたい!一番安く買[…]

怪獣8号の漫画全巻を最安値で読める!

怪獣8号全巻を
最安値で読む方法を見る

スポンサーリンク