このすば主人公カズマが嫌いな理由!性格がうざいしクズだけど人気なのはなぜ?

『この素晴らしい世界に祝福を!』の主人公カズマはクズな男として描かれることが多いです。

このクズな感じが面白くて人気のあるキャラクターでもありますが、やはりクズということもあって嫌いな人も少なくありません。

改めて、カズマに対してどんな批判的な意見があるのか気になりましたので調べてみました。

今回は『この素晴らしい世界に祝福を!』の主人公カズマの嫌いな理由やうざい部分などについて掘り下げていきます。

シマリス社長
カズマはどうして嫌われているんだろう?

このすば主人公カズマが嫌いな理由


カズマの嫌いな理由について見ていきましょう。

知性・品性がないから

カズマには知性や品性を感じません。

基本的に欲望にストレートで常識では考えられない言動をします。

アニメだと成人している設定ですが、15歳以下の設定じゃないとカズマの言動は無理があるでしょう。

いや、中学生だとしてもかなり引きますね。

性的暴行を行うから

性的暴行や痴漢のようなセクハラ行為がえげつないので嫌われています。

例えば、

  • めぐみんとゆんゆんに野球拳をさせる
  • ダクネスに腕立て伏せをさせて胸を揺らせる
  • ウィズに膝枕してもらう
  • クリスのパンツを奪う
  • めぐみんのパンツを奪う

しかもめぐみんなんて未成年ですから、未成年への性的暴行ととらえられてもおかしくありません。

こういうクズな言動が嫌われる要因になっています。

人の剣を勝手に売り飛ばすから

ミツルギとの決闘では、不意打ちで攻撃を食らわし、剣をスティールで奪いました。

奪った後は大切に使用するのかと思いきや、売り飛ばしています。

人のものを勝手に売却したことに対して、嫌悪感を抱く人がいるのも仕方ありません。

しかし、スティールで奪った物は自分の物になるので、実は売り飛ばしても何ら問題もないのです。

自分の物なのですから、カズマは何も悪いことはしてませんが、道徳的にクズなことは間違いないでしょう。

シマリス社長
カズマはクズだな~

主人公カズマはうざいしクズなのに人気なのはなぜ?

カズマのクズですし、うざいのですが、なぜ人気があるのでしょうか?

人気の理由としては以下のことが挙げられます。

  • 普段はクズなのに戦いになると頼りになる
  • 主人公なのにクズだから
  • 声優の演技がうますぎる

基本的にカズマはクズなのですが、戦いになると機転を利かせた戦略で強敵を倒していきます。一見、強そうに見えないスティールや狙撃といったスキルを巧みに使ったり、仲間と連携をとったりして、ピンチを切り抜けてきました。

また、普通なら主人公は正義の心に満ちあふれていますが、カズマはとことん欲望に忠実で自由気ままです。このギャップが人気の秘訣なのかもしれません。

アニメでは福島潤さんが声優を務めているのですが、演技がおもしろくて大好きです。

シマリス社長
カズマは人間味が溢れてていいよね!

主人公カズマに対する批判的な意見

最後にカズマに対する批判的な意見を集めてみました。

15歳以下の設定じゃないとこのキャラの言動は無理がある 知性がない

未成年に性的暴行を行うカス
普通にキャラとしてダメです

アニメのウザ演技とかめちゃくちゃ嫌いだったんだけど好きな人多いんだ意外

女好きはキモい

もっと痛い目みりゃいいのに、こんなキャラなのに主人公に都合の良いシーンが多すぎて不快

なかなかの酷評ですね。カズマは一見、不遇な待遇を受けているように思えますが、美女に囲まれているハーレム状態でもあります。

もしかしたら、妬みでカズマのことを批判している側面も強そうですね。

シマリス社長
カズマの状況羨ましいな~

まとめ:このすばのカズマが嫌いな理由

  • カズマが嫌いなのはセクハラ行為が過剰だから
  • クズなのに人気なのは、いざという時に頼りになるから
  • カズマに対する批判的な意見は多い

以上『この素晴らしい世界に祝福を!』のカズマについて掘り下げてきました。批判的な意見を取り上げましたが、過半数以上はカズマのことが好きです。私も大好きなキャラクターですね。

シマリス社長
僕もカズマが好き!

【お得すぎ!】このすばの漫画全巻を最安値で読める!

『このすば』の漫画全巻を一気読みしたい!という人に良いニュースがあります。

とある方法を使えば70%OFFで読めてしまう方法があります。

以下の記事でまとめていますので、『このすば』の漫画をなるべく安く読みたいという方はすぐにチェックしてみてください^^

▷このすばの漫画全巻を最も安く読む・安く買う方法!各電子書籍サービスを徹底比較

このすばの漫画全巻を最安値で読める!

このすば全巻を
最安値で読む方法を見る

スポンサーリンク