黒子のバスケ|黒子テツヤの身長・体重・血液型は?能力はゾーン時のスキルについても

黒子のバスケの主人公、黒子テツヤは中学時代幻のシックスマンとして、全国大会で優勝しました。しかし、そのチームには最強ゆえの問題というものがありました。その結果、黒子はバスケをやめそうになりますが、高校でも続けることを決意します。

高校では、同級生のアメリカ仕込みのチームメイトに出会い、創部2年目のチームながら、中学時代の最強の元チームメイトを倒し、全国大会優勝を目指す物語となっています。

それでは、黒子テツヤについて徹底解剖していきたいと思います。

シマリス社長
「主人公を徹底解剖なんて楽しみだね!」

黒子のバスケ|黒子テツヤのプロフィール!身長・体重・血液型など


黒子は身長168cm、体重57キロ、誕生日1月31日のみずがめ座で血液型はA型の人物です。強豪校出身にもかかわらず、恵まれた体型とはほど遠い体つきになっています。また、座右の銘は一期一会となっています。アニメでは、人とのかかわりを大事にし、真剣に人と向き合っていたのが印象的です。そして好きな食べ物はバニラシェイクで、高校のチームメイトの火神とハンバーガーショップに行っている姿がたびたび登場します。そんな描写も高校生らしさを教えてくれます。

シマリス社長
「主人公を知ることでもっと黒子のバスケを楽しめそうだね!」

黒子のバスケ|黒子テツヤのバスケスキルは?技やプレースタイルについても

黒子は中学時代、最強と言われる帝光中学校に在籍していましたが、個人能力は最下位と言ってもいいほどの実力でした。そんな中、キャプテンの赤司に一目置かれ、独自のプレースタイルを確立していくことになります。それは、彼の影の薄さを利用した、パスで味方にアシストをするというものでした。このプレースタイルを高校でも継続することになります。それでは黒子の技について紹介していきます。

黒子の技①ミスディレクション

ミスディレクションは主に手品に使われる技術になっています。簡単に説明すると相手の視線を誘導するテクニックになっています。これと彼の影の薄さを利用することで相手が彼のことを見逃してしまうということになります。そこから彼が、ボールを弾くようにして仲間にパスをします。もし黒子と同じチームに在籍していたら、いつどこからボールが来るかわからないので注意しておく必要がありますね。

黒子の技②ミスディレクションオーバーフロー

ミスディレクションは効果時間があり、長い時間使っていると相手も慣れてしまい、これの存在に気づきやすくなってしまいます。ですから、逆に視点を自分に移しやすくすることができます。そこで使えるのがミスディレクションオーバーフローになります。これを使うことで、仲間にミスディレクションと同じ効果を使わせることができます。しかし、これを使ってしまった相手には、種明かしをして言う状態になるので、もうミスディレクションが使えなくなってしまいます。だからこそ、次の勝負が厳しくなってしまうため、なるべく使いたくない技ですね。

黒子の技③イグナイトパス

イグナイトパスは、通常のパスよりも強力なパスになっています。ですから、限られた人しかとることのできないパスになっています。少なからず、とても身体能力の高い人でない限り、パスをとることはできないでしょう。

黒子の技④イグナイトパス・廻

このパスはイグナイトパスの威力を超える能力を持っています。一度は、黒子の中学時代の相棒青峰大輝の手を弾いたこともあります。作中ではこのパスをキャッチすることができたのは二人だけです。超強力な技なのでおそらく人類でよることができるのは、指で数えられるくらいしかいないことでしょう。

黒子の技⑤サイクロンパス

サイクロンパスは、回転しながらするパスのことになります。私の見解では、おそらくイグナイトパスより強く、イグナイトパス廻よりは弱いパスだと思います。

黒子の技⑥バニシングドライブ

バスケでドライブとはリングに向かって相手を抜き去ることを言います。そのドライブに黒子ならではの消えるという特殊能力をかけ合わせます。ですから、だれも止めることのできないドライブになります。これが対戦相手ができるのだとしたら、とても脅威な技になります。

黒子の技⑦ファントムシュート

ファントムシュートは黒子の独特な低い打点から繰り出されるシュートになっています。さらに、このシュートはバニシングドライブ同様消えるものになっています。ですから、止めるのが困難なシュートです。止めることのできないシュートは脅威の何物ではありませんね。

シマリス社長
「主人公にはたくさんの技がありますね!」

 

黒子のバスケ|黒子テツヤがゾーンに入るのは何巻何話?どんなスキル?

黒子テツヤがゾーンに入るのは、30巻の270話、ダイレクトドライブゾーンというものです。そのスキルについては次の章で紹介します。

シマリス社長
「ダイレクトドライブゾーンを見たい方は270話へ」

黒子テツヤのゾーンのスキル

正式には、黒子テツヤのゾーンというよりかは、火神のゾーンを超えたゾーンというものになります。このゾーンは誠凛高校の全員の力が必要です。ゾーンに入っている火神のスピードに全員が合わせるというものです。考えていたら、火神に合わせることはできないので勘でプレーすることになります。これはたくさんの時間を共に過ごし、絆を深めてきた誠凛高校だからこそできた技だと思います。私もバスケットボール部に所属していましたが、とてもじゃないけど一瞬で合わせることはほぼ不可能です。ですから、誠凛高校にしかできない唯一無二の技と言えるでしょう。

シマリス社長
「深い絆が生んだ奇跡ですね!」

まとめ

  • 黒子は主人公なのに個人能力は低い
  • 高校に入り、たくさんの黒子ならではの技を覚える
  • ゾーンを超えたゾーンの登場は30巻の270話
  • 誠凛高校は深い絆でつながっている

黒子は赤司との出会いで人生を変えることになりました。私たちも誰かと出会うことで人生が変わるかもしれません。ですから、黒子のように一期一会を大切にしていきましょう。

シマリス社長
「黒子にはたくさんの魅力がありますね!」
スポンサーリンク