黒執事メイリンの裏切りの可能性を解説!正体や死亡説についても

『黒執事』には個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。

メイリンも人気の高いキャラクターの一人です。

メイリンはファントムハイヴ家に仕える家女中(ハウスメイド)ですが、ドジっ娘という印象を持っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、メイリンには壮絶な過去がありました。

また、ファントムハイヴ家に仕えていますが、メイリンには裏切りの可能性も浮上しています。

今回は『黒執事』のメイリンに裏切りの可能性などについて掘り下げていきます。

シマリス社長
メイリンは裏切ってしまうのかな?

黒執事メイリンの裏切りの可能性について解説

メイリンと言えば、ファントムハイヴ家に仕えるハウスメイドの中でもドジっ子な印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

そんなドジっ子メイリンは裏切る可能性があるのかについて見ていきましょう。

メイリンが裏切る可能性は低い

結論から申し上げますと、メイリンがシエルやセバスチャンを裏切る可能性は低いでしょう。

というのも、過去、シエルの命を狙った事件があったのですが、それ以降、忠誠を尽くす決意を固めたからです。

シエルの命を狙っていたメイリンは計画に失敗し、セバスチャンに捕まった際、最終的にセバスチャンの料理やシエルから眼鏡を贈られました。

 

このその心遣いにメイリンは

”自分に期待してくれるならその期待に応えたい”

と決意を固めました。

一度、をした自分に対して、優しくしてもらったのですから、これ以上裏切るようなことはしないでしょう。

作中でもメイリンの怪しい動きなどは見受けられません。

セバスチャンにハウスメイドとしてスカウトされる

もともと、メイリンはシエルの命を狙うために近づいたのですが、計画が失敗しセバスチャンに捕まった際、ファントムハイヴ家のハウスメイドとしてスカウトされました。

この時のメイリンは、兄に裏切られた直後で青幇(チンパン)に雇われていました。

仲間に裏切られたダメージで傷心しきっているところに優しくされ、スカウトされたのですから、命の恩人ですよね。

 

なぜスカウトされたかと言いますと、メイリンのスナイパーとしての腕が優秀だったから。

セバスチャンが見込んだのですから、相当な腕前であることがうかがえますね。

平時はハウスメイド、有事は私兵

メイリンは基本的にはハウスメイドとして働いていますが、有事の際には私兵としてスナイパーに変貌します。

ただのお手伝いさんではなく、シエルを守るボディガードのような役割も担っていたのです。

ただ、メイリンは文字の読み書きができず、一般常識もないので、セバスチャンが教育して鍛えています。

このことからメイリンは、あまり良い暮らしをしてきたわけではないことがうかがえますね。

シマリス社長
メイリンが裏切る可能性はかなり低いね!

メイリンの正体や目的は?

メイリンの正体や目的について見ていきます。

メイリンは元密航者

メイリンはもともと、紅茶の輸送船(ティークリッパー、主に中国から茶葉を運んでくる船)でイギリスに来た密航者でした。

幼少期、一緒にいた両親を流行病で亡くしたこで浮浪児になるのですが、似た境遇の2人の少年と組みます。

メイリンが自遠距離からのスリングショットで貴婦人のイヤリングを狙い落とし、他の二人が収拾して換金することで日銭を稼いでいました。

 

かなり危険な暮らしをしていましたが、子どもながらにしてたくましく生きてきたと思うと泣けますね。

この頃はリンと名乗り、一人称はオレ・男言葉を喋り男性服を着ていました。

またこの頃から重度の遠視だったようです。遠視だからスナイパーに徹したのかもしれませんね。

狙撃手としての腕前は一流

上海マフィアの「青幇」の白という男に目をつけられた過去がありました。

仲間は殺され、メイリンは射撃能力を買われて組織の敵を暗殺する狙撃手「梟(フクロウ)」としてこき使われることになったのです。

大出世ですね!(笑)。

 

そんな日々が10年ほど続きましたが、「女王の番犬」の立場を引き継いだシエル・ファントムハイヴの暗殺を命じられることになります。

しかし、メイリンが暗殺をはかるも、セバスチャンに狙撃を阻止され捕まってしまいました。

実はあらかじめ劉(ロウ)からファントムハイヴに情報が漏れており、その能力を高く評価していたセバスチャンは、一度暗殺を失敗させたうえで

「このまま組織に戻っても粛清されるだけ」

と吹き込み、メイリンをファントムハイヴ家へとスカウトしたのです。

これ、一歩間違えればシエルが死んでたかもしれないのに、スカウトのためにセバスチャンはあえて泳がせておいたということになります。

セバスチャンの手の中で転がされていたということですね。

 

メイリンはどのみち選択肢がなかったこと、そして久々に味わったまともな食事に温かさを感じたメイリンはスカウトを承諾しました。

メイド服と高級品である眼鏡を与えられ、ファントムハイヴ家のハウスメイド兼私兵として就職したのです。

本来の目的はシエルを殺すことだった

もともと、メイリンの目的はシエルを殺すことでしたが、前述した経緯によってその目的はなくなりました。

今は、純粋にシエルの護衛と身の回りのお手伝いをすることを目的としています。

ちなみにメイリンは23歳で身長165cm、中国人で遠視という設定です。

シマリス社長
メイリンは元スナイパーだった!

メイリンの死亡説について

黒執事 22巻
メイリンは数々の人を殺してきたので、死亡フラグが立っているとも考えられます。

果たして、メイリンは死亡するのでしょうか。

現時点ではメイリンは死亡していない

2024年3月時点ではメイリンは死亡していません。

メイリンは戦闘スキルも高く魔犬・プルートゥと戦った時も屋敷に侵入者が来ても負けませんでした。

狙撃手、暗殺者として育ってきたメイリンのことですから、そう簡単に死ぬことは考えにくいですね。

死亡フラグがある?

実はメイリンには死亡フラグと思しきものがあります。

原作コミック30巻158話「その執事、異境」の扉絵を見ると、メイリンの死亡フラグと思われる様子が描かれていました。

その絵はメイリン、ヤン、ハオの3人が楽しそうに笑っている絵です。

この時、ヤンとハオはまだ死んでしませんでしたが、が死んでしまった際に

”やっぱり死亡フラグだったのか”

と思った読者は少なくありません。

メイリンは2人を助けたくて言われた通りにイヤリングを狙撃したにもかかわらず、最終的には2人が死にました。

壮絶な過去を乗り越えてきたメイリンはちょっとやそっとのことでは死なないと思いますが、組織に消息をバレたら暗殺される可能性も十分に考えられます。

シマリス社長
メイリンは結構危ない境遇にいるね!

まとめ:黒執事のメイリンは裏切るのかについて

  • メイリンがシエルたちのことを裏切る可能性は低い
  • もともと暗殺者のスナイパーだったが、セバスチャンによってスカウトされた
  • メイリンは兄と弟を亡くしており、死亡フラグになっている可能性が高い

以上、『黒執事』のメイリンの裏切る可能性は死亡フラグについて解説してきました。壮絶な過去を知ると、メイリンに対しても愛着が湧いてきますね。

シマリス社長
メイリンには幸せに生きてほしいね!

【お得すぎ!】黒執事の漫画全巻を最安値で読める!

『黒執事』の漫画全巻を一気読みしたい!という人に良いニュースがあります。

とある方法を使えば70%OFFで読めてしまう方法があります。

以下の記事でまとめていますので、『黒執事』の漫画をなるべく安く読みたいという方はすぐにチェックしてみてください^^

▷黒執事の漫画全巻を最も安く読む・安く買う方法!各電子書籍サービスを徹底比較

関連記事

『黒執事』の漫画全巻を最も安く読めるのはAmebaマンガ 実質無料で読める最大冊数は6冊 長期で利用する予定のある方はebookjapanがオススメ 「黒執事の漫画全巻を安くイッキ読みしたい!一番安く買う方[…]

 

黒執事の漫画全巻を最安値で読める!

黒執事全巻を
最安値で読む方法を見る

スポンサーリンク